より楽しむ為に|大切な人への贈り物|母の日は感謝の気持ちを伝える日です

大切な人への贈り物|母の日は感謝の気持ちを伝える日です

より楽しむ為に

節分

節分は立春の前日の2月3日頃のことで、その日の夜に豆をまいて悪鬼を払う習慣があります。日本で昔から行われている伝統的な習慣ですので、特にお子さんのいるご家庭では家族揃って楽しみたいものです。この日には、普段子供と接する時間が少なくなりがちなお父さんに鬼になってもらうと、父親と子供の距離がより近くなります。また、その際には手作りの鬼の面や衣装などを用意しておくと、子供は大変喜びますし、良い体験にもなります。時間に余裕のある方は、節分に向けて子供と一緒に衣装作りをすると、より楽しいものになります。その際は、衣装のデザインや材料を決めたり買いに行ったりすることも出来るだけ子供と一緒に行うと、子供の想像力向上や物作りの楽しさを体験できるというメリットがあります。

節分で使用する豆にはちょっとしたルールがあります。それは炒り豆を使うことです。豆は炒ることで発芽能力がなくなります。豆まきは悪鬼を払う意味があるので、豆が「芽吹く」ことは縁起が悪いとされている為です。使用する豆は地域によって異なるので、お住まいの地域ではどの豆を使うのかを確認するのも面白いです。ほとんどの地域では大豆が一般的ですが、落花生をまく地域もあります。また、掛け声も地域ごとに特色があります。一般的なものは「鬼は外、福は内」ですが、「福は内、鬼は内」と言う地域もあります。節分にイワシを食べて無病息災を願う地域もあります。また、玄関先に匂いの強いイワシと葉にトゲのあるヒイラギを立てて飾り、鬼を払う風習もあります。近年広く知られている恵方巻のまるかじりは、関西地方発祥とされています。毎年異なる恵方を向いて食べると、福が来るとの意味があります。